始まりのはじまり〜ヒロ服部の物語〜


ヒロハットリセラピストスクールが出来上がるまでの物語


◼︎ 【STORY 01.】 社会人経験0、コネ0、ツテ0

story_1

高校を卒業後、18歳で当時名古屋で一番大きかった2年制の整体専門学校に入校。20歳で卒業後、すぐに自宅の一室を借りて整体院を開業をしました。専門学校を卒業したと言っても、社会人経験0、コネ0、ツテ0、すべて0からの 〉〉〉〉〉続きを読む

◼︎ 【STORY 02. 】治療セミナー経営セミナー巡業
story_2

開業してから3年。仕事で稼いだお金を『仕事の将来』に投資するということを覚えたはじめたのがこの時期からでした。この頃にやっとパソコンを購入。今のようにSNSは浸透していませんでしたが、パソコンを購入した事で 〉〉〉〉〉続きを読む

◼︎ 【STORY 03. 】心に留めておきたい言葉
story_11

そんなセミナー巡業の中、現在の師匠『鈴木暁光先生』と運命的な出会いが訪れました。きっかけは先輩が主催された毒縁会という治療家セラピスト向けのセミナー。そのセミナーで鈴木先生から、それまで考えもつかなかったの盲点を 〉〉〉〉〉続きを読む

◼︎ 【STORY 04.】 CHANGE!!SHIFT!!
story_5

時間と体力売りの仕事のスタイルを一変して、肩こり腰痛など痛みなどの悩みから、自分自身が興味があった女性向けのメニューに絞り、女性が抱える悩みとそれまで施術のベースにしていた「姿勢」というカタチとのつながりを研究しはじめ 〉〉〉〉〉続きを読む

◼︎ 【STORY 05.】 やりたい方をみる
story_10

女性の患者さんを中心に整体院が繁盛しだした頃に、鈴木先生から新しいきっかけをいただきます。「いつになったら自宅治療院を脱出するのか?」鈴木先生は続けました。「治療院も繁盛もするようになった。思ったこともやれている。君が今の 〉〉〉〉〉続きを読む

◼︎ 【STORY 06.】 「その気の種」と「本気の芽」story_9

2012年4月17日。人生2度目の0からのスタート。それもそれまで自分が経験してきた形態とは全く異なるスタイル。女性限定、価格設定、カラダの不調ではなく女性のスタイルを専門に扱うサロン。「差別化が大事!」と言われますが 〉〉〉〉〉続きを読む

◼︎ 【STORY 07.】 新たな「役割」を楽しめ
story_7

サロンをOPENして2年経ち、スタイル矯正という言葉も認知されてクライアントさんも増えだした頃、新しい役割への挑戦が始まります。プロの方々に「知識、技術を教える、伝える」ということです。きっかけはサロンのクライアントさんから 〉〉〉〉〉続きを読む

◼︎ 【MESSAGE.】 人生は行動だけ
story_8

振り返ってみると、自分の人生は本当に行き当たりばったりでした。

5年先、10年先を見据えてコツコツやってきたというよりは、「流れに身を任せ【その時】やれることに向かって、できる限り前を向いてきた。」という表現のがしっくりきます。

フラフラしながらも、今こうして治療家としての喜びを感じ続けることができているのは、すべて人とのご縁があったからだと思っています。

平凡な僕の治療家人生でさえ、12年間動き続けられたことで、これだけの変化が起こりました。

これからも自分の嗅覚を信じて進むことで、自由に有意義にユニークな治療家人生を送ることができたら幸せだと考えています。

スクールでお伝えさせていただくことは、すべて自分の経験を基にした「健やかなカラダ、美しいカラダのために必要な骨格づくり」を目指してつくりあげた内容になっています。

若干10数年の経験ではありますが、「姿勢」に対しては集中して向き合ってきた自負もあります。

僕は誓います。これからも全力疾走することを。

あなたはどうでしょうか?

写真_5

申し込みはこちら