【STORY 07. 】新たな「役割」を楽しめ

story_7

サロンをOPENして2年経ち、スタイル矯正という言葉も認知されてクライアントさんも増えだした頃、新しい役割への挑戦が始まります。

プロの方々に「知識、技術を教える、伝える」ということです。

きっかけはサロンのクライアントさんからスクールの依頼を頂いたことからでした。

その方々のお仕事はエステティシャン。女性のキレイを応援するお仕事をされている方です。

スタイルの矯正のレッスンの中で小出しにさせてもらうカラダの話が、その方の興味をわかせてしまったようで、カラダの仕組みを1から教えてほしいと言うことでした。

 

女性がカラダのキレイに磨きたいと思った時に、選択肢にあがるのはまず間違いなくエステだと思います。

そしてジム、フィットネス、習い事。あとは骨格矯正も入るでしょうか。

ボクはそれら全て、美しさの枝葉を磨くものだと思っています。

生意気に取られてしまうかもしれませんが、これが本音です。

美しさを磨くためには、枝葉ではなく幹の部分をしっかりさせることが重要です。

この幹の部分がしっかりしている女性はいつまでもしなやかで美しい。

その幹を太くしっかりと根付かせる土壌作り、水やりをスタイル矯正では行っています。

その基本的な考え方や、自分が行っている手技をお伝えさせていただきました。

そこから、派生してまたヒロ服部の頭の中にあるアナトミー(解剖学)をテクニックと交えながら伝えさせていただくという勉強会を一年かけて行いました。

その中でプロとして活躍しているスクールの生徒さんたちへ解剖学という基本的な知識、施術に入るまで基本になる身体づくり・手づくり、スタイル矯正で活用している技術など、セラピストさんの抱える問題と対策を行わせていただきました。

 

「教える」を始めたことで、様々な発見がさせてもらうことができました。

楽しい時間、苦しい時間、自分のためだけでは味わえなかっただろう密度の濃い時間を送ることができました。

そして、勉強会に参加して続けてくれた彼女たちは、治療家セラピストとして素晴らしい感性ももっていました。

 

相手の立場になって考えることができる真心。

女性を応援するような仕事を行っていきたい!という熱い思い。

カラダにまっすぐ向き合おうとする素直な気持ち。

 

自分が経験してきたことの中で、治療家、セラピストの人たちが何か気づき、新しいきっかけになれるようなお手伝いになるのであれば、そんなスクールを本格的にやってみたい!

「姿勢」を大切さを広げる仲間をもっと増やしたい!

そして、その仲間たちと姿勢から考える美しさを世の中に広めたい!

もっと多くの人々に姿勢に対して興味・関心持ってもらうため、姿勢の大切さを広めていくため、2015年9月ヒロハットリセラピストスクールの本格始動を心に決めました。

blog_hiro_8

【STORY 06. 】「その気の種」と「本気の芽」 |【MESSAGE.】 人生は行動だけ